お知らせ
最新の投稿
お腹の脂肪を気にする女性

太る原因の一つとして炭水化物の摂りすぎがあります。
脂肪さえ制限すれば太らないと考えている方もいますが、炭水化物にもカロリーはあるのです。
1gあたり4kcalほどあり、タンパク質のカロリーと同程度です。
脂肪の9kcalと比べるとかなり少ないですが、ご飯やパンなどの主食のカロリーの多くは炭水化物です。

炭水化物を摂りすぎている方は、痩せるために制限する必要がありますが、炭水化物抜きダイエットは危険なので注意しましょう。
炭水化物とは糖質のことで、脳の栄養素として欠かせないものです。
朝食を食べないと頭の回転が悪くなる理由は、糖質が減少してしまうからです。
空腹を感じたときは甘いものを食べたくなりますが、このときお腹だけでなく脳も糖分を欲しています。

ダイエットする方にとってカロリーは悪者扱いされますが、人間にとってカロリーは必須です。
摂りすぎはいけませんが、ゼロにすると生命活動は維持できません。
炭水化物抜きダイエットを行う方は、ゼロにせず無理なく減らすのがコツです。
脳の栄養補給のために、朝食は絶対に抜かないほうがいいです。
食べる時間がないのであれば、果汁100%のジュースを飲むといいでしょう。

就寝中は空腹を感じることは少ないでしょうが、カロリーは消費されています。
朝は前日の夕食から10時間くらいも飲食物を摂っていないため、ここで朝食を摂らないと昼間で食べられません。
身体に15時間も飲食物を入れないという状態は、健康のためにも好ましくないのです。
脳が必要な糖質も不足して、仕事の効率低下やミスの原因ともなります。
炭水化物を摂りすぎている方は制限する必要がありますが、無理に減らすのは健康を害するのでやめましょう。